読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

出石と天橋立と

出石に行って皿そばを食った。なんかあんまり意味の無いシステムのような気もするが、積み上げた皿の高さが箸の長さと同じになると「通」なんだとか。私は17皿食べて、ギリギリ通と言っても良いみたい。20皿食べると手形を貰えるらしいと後で知って、もうちょい頑張ればよかったと思った。ただ、不味くもないけどメチャ美味という訳でもなく、単調なので結構早い段階で飽きてしまった。特にツユに甘みが少ないのは好みでなかったな。

「小京都」の前に「極」を付けたくなる位の規模の町で、あるのは蕎麦屋ばかり。どこもそんなに変わらないのだろうが、それ故にどの店に入れば良いのか迷う。結局、サービス券をばらまいていたデカい店にした(@鸛屋本陣)。味で競い合うというよりは、客引きで勝負してるみたいなところがあり、どこも有名人が来店したことをウリにしていて、観光地ならではのゲスっぽさが味わえる。町をプラプラ、というほども歩いていないが、出石城跡に上ってみたり、蕎麦アイスを食べたり。この田舎っぽさは嫌いではなかった。

続いて、天橋立へ行った。予定になかったんだけど、こっちの方が印象に残った。遊覧船に乗って対岸に移動して、リフト(あるいはケーブルカー)で山頂に向かい、そこで股のぞきをする、というのが基本パターンのようだ。天橋立のいわゆる橋の部分、つまり砂州砂州砂嘴・陸繋島は高校地理でやりましたね)を歩くという手段もないではないようだが、想像以上に長いので現実的ではないみたい。ちなみにここは砂州だから、端が途切れていて、橋で繋がっている。この橋も廻旋橋として有名である。

まず船での移動。これが良かった。行きしなに私が乗ったのは船尾にデッキがあるタイプの船。どんどん離れていく岸の様子や水に反射する太陽の光は、まるで映画の別れのシーンのような趣があって私は思わず涙をこぼしそうになった。この演出を盛り上げるのが、船を追いかけてくるカモメたちである。実は船内でかっぱえびせんが販売されていて、このカモメたちは観光客たちにすっかり餌付けされているようなのだ。彼らは人間にぶつかっちゃいけないんだな、ということを弁えたような振る舞いを見せ、我々と絶妙な距離を保ちながら、空に放たれるスナック菓子に食らいつく。海に落ちてしまったものも、残らず回収する。こいつら、こんなに必死で飛んでたら余計に腹が減るだろと思うが、間近で見るカモメの美しさは、船上の光景をますますドラマチックに彩る。料金追加で高速船にも乗れるらしいが、わざわざお金を出して旅を味気ないモノにするなんて勿体ない話である。

次にリフト。ケーブルカーは待ち時間もあるし、リフトの方が解放感あるし、ということで。こんなの久しぶりに乗った。座席部分と地面の間に足を挟まれるんで、座ったらすぐに足を上げろといわれるんだけど、思い切り失敗した。降りるときも、赤い円で降りて左に捌けろと言われたのに、赤い円の外で降りてしまう。なんだこの鈍くささは。ちなみに、帰りのリフトでも、もの凄くぎこちない乗り降りになってしまった。

山の上から股のぞき。リフトを降りてすぐの場所と、そこから階段を上がったところの二つポイントがある。高いところの方が景色は良いんだけれど、股のぞきをすると木が邪魔なので、リフトを降りてすぐのところの方が天に架かる橋は綺麗に見えると思う。天気も良かったし、多少自分の想像力も付け加えると、本当に天地が逆転して見える。昔の人は面白いこと考えたよなと感動した。

出石でもそうだったけど、こういう有名観光地ってどこに行っても昭和の匂いが残っていて、祖父母とか両親の世代との繋がりを感じるし、自分が旅行に連れて行ってもらった幼いあの頃とも繋がっているような気がして、これが懐かしいということなのかも知れない。

帰りの船は、二階がデッキになっていて、一階が船室、その周囲が通路になっているタイプの船だった。最初は二階にいたが、すぐに下に降りた。やかましい中国人が船上で真上にえびせんを放り投げるから、そこに飛んでくる水に濡れたカモメのしぶきを浴びる羽目になったのだ。でも私も飽き足らず、一階の通路からまた餌遣り。船と並んで飛ぶカモメの姿は、行きに見た様子と違って、またいとあはれなり。鴨川藝術大学の名前を、鴎海藝術大学にしようかしら。

ひとつだけ、観光しながらずーっと思っていたんだけど、私は昔から、本当に小さな頃から、旅行をするとなんだか寂しい気持ちになるのだった。うわーっ、楽しい!! ってならない。そこに没頭できない。もちろん楽しいのである。でも、なんか寂しいんだ。この正体は一体何なのだろう。出会った人と、訪れた場所と、過ごした時間と。それらに触れた瞬間にもうそれらが消えてしまうことを意識してしまうのかな。

だとしたら、「楽しい時間を過ごすと、空白だった自分の人生が強調されるようで余計辛い」というのは、単に「どこにでも寂しさを見いだしてしまう」という私の性格の延長にあることになるんじゃないかな。ただ、この空白は辛いんだけれども、私はそもそも寂しさとかもの悲しさを、楽しさとか喜びみたいなものより、綺麗で美しいと思っているのかも知れない。

/(^o^)\2017

街を歩いていたら、女性から声を掛けられた。周囲には大勢の人が歩いている。私はその中の一人だ。

とびきりの美人というわけではないものの、小柄で、まぁ可愛い感じの女の子。私の目線に誰かの目線が絡んできたことを察知して、ふとその方を見ると、彼女が私にどんどん近づいてくるではないか。ビラもティッシュも持ってないし、道を聞かれるのか、でもこの人ずっとここで立ってるみたいだし――。頭の中に?がいくつも浮かび上がる。

「あのー、すいません」と言われて、私は立ち止まった。「はい」。「あのー、ワタシうえのキョウカイからきました」。「はい?」。「セイショとかカミサマとかきょうみありませんか」。

カタコトなのである。若い女性に声を掛けられるという希有な事例に思考回路がショート寸前(©小田佳奈子)になっていた私だったが、とりあえずこの場を去らなくてはならないと判断し「あぁ、すいませんすいません」と心からの謝罪と反省の意を示して勘弁してもらった。

宗教の勧誘はこれで2回目。前はオバハンだったが、なかなかしつこくて、ちょっと怖かった。もう同じ轍は踏まん、それが若い女性だったとしても!(宣誓)

それにしても、今はそれほどだけれど、昔はよく外国人に道を聞かれたものだ。もしかしたらそれが宗教の勧誘に変わってきているのだろうか。

今後のためにも、道で声を掛けられやすい男性の特徴を調べてみた。曰く。ひとりぼっち、服装やヘアスタイルが普通じゃない、表情が生き生きしていない、異性にモテなさそう、田舎くさい、おどおどしている――よし、もう分かった、それ以上はやめろ。

勉強になったというかトドメを刺されたというか、これはあれだな、逃れられない宿命なのだなと諦観の境地である。これは勧誘ではない、逆ナンパなのだ、と前向きに捉えて悦に入ろう。おかずですよ、こんなものは。みなさん、さようなら。

『人生は上々だ』

人生は上々だ 浜田雅功 木村拓哉 ほか

何故か知らんが、次はこれを観た。これも過去に観たことがある。結構好きだ。

生まれも育ちも底辺でその結果見事に底辺で生きている浜ちゃんと、エリート医学生だったのに恋人に自殺されて自暴自棄になって底辺まで落ちてきたキムタクが、借金取りと返済者という立場で出会って友情を築いていく。借金取りである浜ちゃんの上司がヤクザもんで、取り立てに失敗したらその金は自分で負担しなきゃいけないルール。もはやキムタクと一蓮托生になってしまった浜ちゃんが、キムタクと共にいかがわしい手段を使って金策に走る、という流れで話は進む。その過程で、キムタクにべた惚れしちゃう大金持ちの戸田菜穂と、浜ちゃんがべた惚れする連帯保証人の石田ゆり子が出てきて、二人の恋の行方がやがてメインストーリーになっていく――

んだけど、ようやく恋が成就して一段落、とりあえずハッピーになれそうなところで、やはり邪魔が入る。これはドラマのセオリーとしては当たり前の話で、こんなところで終わらせたらハッピーエンドというよりむしろ打ち切りだと思われてしまうだろう。だがそれにしてもクドいのである。浜ちゃんが殺人の濡れ衣を着せられて捕まっちゃった以降は、とりわけしつこい。

良いところで邪魔、良いところで邪魔、の連続。互いを放っておけない→お前なんかもう知らねえよ、の繰り返し。キムタクも浜ちゃんも、演技は下手じゃないけどバリエーションがないから、繰り返しであることが余計強調される。だんだん鼻についてくる。もうそれさっき観たよ、みたいな。それに底辺を通り越してここまでハチャメチャになってしまったら、一体どこが上々な人生なのか、さっぱり分からなくなってくる。

というわけで今回は途中で観るのを止めてしまった。ラストもスッキリとハッピーになるわけじゃなかった気がする。一応明るいところで話を終えているけど、どーせこの後も同じこと繰り返すんでしょ、みたいな。そう考えると、平凡な日常って本当に幸せだ。

ただ今回観ていて思ったのは、やっぱり私はこのドラマが結構好きで、多分ポイントは3つあると思う。一つは、コメディとシリアスの比率で、おそらくこの混ぜ具合が私は一番美味しいと感じるんだろう。もう一つは音楽で、それでも幸せを諦められない底辺の生き様、をより美しく魅せる。最後の一つは、石田ゆり子。可愛い。菅野美穂石田ゆり子は、いつまで経っても私の理想だな、と思う。

(追記)
結局最後まで観て、その最後までの過程もまた間怠っこい感じだったけど、まぁまぁのハッピーエンドだった。

人生は上々だDVD-BOX

人生は上々だDVD-BOX

 

つい漏らしてしまう

年に1回か2回、職場のボスと話し込むことがある。やりたいことがあるならそっちの道に行け、ないならうちの会社でやっていく覚悟を決めたらどうだ、という内容。これまで3,4回同じテーマで話をした気がする。今日もそういう話になった。

何か良い仕事見つかったか、何かやりたいこと見つかったか、何か好きなことはないのか、と尋ねられる。うーん、なかなか無いですよね、とこれまで同じ質問に対して口を濁してきたけれども、つい言ってしまった。本当はやりたいことがあるんだ、と。

普通なら言えないぞ。ボスが言ってる「見つかったか?」という質問はもっと現実的なものであって、私のお花畑みたいな脳みそに咲いている夢物語なんか想定されていないんだから。でも、私は言ってしまったのである。

それで、これも言っちゃいけなかったんだけれども、元々自分はずっと何のやる気も無くて、でも仕事だけは無いやる気を振り絞ってやっていて、しんどさとありがたさと、面倒くささと申し訳なさに挟まれながら、毎日を生きさせてもらっている、とかなんとか。私は大人を相手に一体何を言ってるんだろう。

実は学校に行こうと思った。計画を立てて学費も家賃も貯めた。今年で二回目の挑戦だった。最終まで行って落とされた。――こんな話をされてボスも困っただろうが、ヘラヘラ毎日を過ごしている私に、そんなにやりたいことがあるとは知らなかった、と言ってくれた。聞いているだけで他人の自分も夢が膨らんでいくと。

30なんか若い若い。生きるための金と、女、この二つに踏ん切りが付いたら、怖いもんないぞ。10年やればモノになる。まだまだこれから。10年受け続けて10回落ちたら、10年挑み続けた男として業界に売り込めば良いじゃないか、オレの子どもだったら全財産なげうってでも応援する――なんて聞きようによっちゃ随分適当な発言だけれど、前に話したときもこう言う話が出てきたから、おそらく本音で言ってくれてるんだろう。ボスは寡黙でクソ真面目でコツコツコツコツ仕事をする人。一体何が楽しいの?――とずっと思っていたが、実はこの人が私の近くにいる一番熱い人なのかも知れない。(ただ金と女に踏ん切りは付けられんし、しかし今の仕事をしていて金と女に恵まれるかというとその可能性も0じゃないか……。)

そうか、だったらやりたいこと思いっきりやれ、仕事だって休んで良い、来年もう一回受けろ、どっちにするか悩んでる場合じゃないぞ、とメチャクチャ励ましてくれて嬉しかった。嬉しかったけど、うーん来年か。今は何にも考えられないな。

そして今は、このブログがボスにバレないかが最も気がかりである。

感情漏洩事案

書くことがない。いや、本当はある。というか、更新するために書くことを毎日探している。でも、書けないな。心のバランスを失っているから、悪口ばっかり出てきちゃう。今まで一方に沈みきっていたシーソーが水平になりかけたのに、またさっきの位置に戻ってしまった。元いた場所なのに、前よりももっと深く沈み込んでいるような気がする。そういうバランスの失い方。

バスに乗ってるババアがうるさいとか、駅の待合室で席が他にも沢山空いてるのに隣に座ってくるジジイが鬱陶しいとか、「我が輩はコロ助なり」「オラ野原しんのすけ5歳」を延々とループする病気の人が今日は「エグザァイルッ」を連呼していたとか、声帯模写レベルで駅伝の実況を再現する人もいてステレオ放送状態だったとか、頭が悪そうとしか形容しようのないオッサンが偉そうに振る舞っていたこととか、信念も向上心もないくせに肩書きだけ欲しがって人の邪魔するクズとか、次々と対象が見つかるけど、悪口になるから書けない。