読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

延命は拒否する

どうして延命治療を拒む人が多いのかといえば、それがただ死んでいないという状態に過ぎないと考えるからだろう。そして、ただ死んでいないというだけの状態を無価値だと考えるからだろう。生命が維持されていることと、生きているということは同値ではない…

ピラミッドの底辺ですらない

止めておけば良いのに、ふと気になって調べてみてしまった。「前から二番目に座っていました」という彼女は合格していた。おめでとう。それで気になったのは、7人のうち落ちた3人のこと。落ちたのは先頭の女の子と、私と、最後尾の男性。 先頭にいたのは、あ…

好きだという思い込み

今でこそ映画が好きだとか言っているけれども、私って人間は本当に、好きなものというのが無い。映画が好きだというのも、どこまで本当なのか自分でもよく分からん。まぁ実際にいくつかシナリオを書いてみたりしているわけで、そうやって動いている以上は、…

『グッドバイ』

『グッドバイ』 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 雑誌の編集長を務める主人公の男が、愛人たちとの関係を清算していくという話。普通の生活をしようと思い立った主人公が、どうやって女たちと関係を切れば良いのか思案していたところ、ある人からアドバイスを…

ひとりのはじまり

CMでキリンジが流れてる。みんな『エイリアンズ』を推すけど、私は『雨は毛布のように』で好きになったクチだ。あれは中学三年生の頃だったか、いい加減本腰入れて勉強しないと高校に行けないぞと焦った私は、PCを封印することにした。 思い出しても悲しいけ…

ノックは無用

ノックの回数は3回が正式。2回ノックはトイレに入るときするもんだ。みたいな面接マニュアルがある。別に面接に限らず、礼儀とかマナーを超えた作法のようなものがたくさんあるでしょう? あれさ、本当に馬鹿馬鹿しいと思いませんか。 例えば、先のノックの…

『カルテット』

『カルテット』 松たか子 ほか 全員片思いのラブサスペンス、というちょっと恥ずかしい触れ込みで始まった本作。第一話を見て、おっ、これ新境地だなと思ったんだけれど、第二話でウンザリして、それから数話低空飛行した後に、あっと思ったり、えっと思った…

『アドレナリンドライブ』

『アドレナリンドライブ』 安藤政信 石田ひかり ほか あぁ、邦画ってこんな感じだった、そうだったそうだった、というのを思い出した一作。みんな若いなぁ。 色んな偶然が重なった末、ヤクザから金を盗んで逃げることになった、初対面の男女のドタバタコメデ…

好きなものに二度出会う

FFって今年で30年なんだって。私と同い年なのか。ゲームはほとんどしないけど、ドラクエとFFだけはやった。ドラクエは7まで。FFは8まで。ドラクエは5が一番好きで、FFは8が一番好きだ。 ドラクエは単純だし小さい頃にもやっているから、ストーリーを覚えてい…

劇的なるコメント

ブログをやってて初コメントをもらった。インターネットで日記っぽいものを書き始めて、ブログも何度立ち上げて畳んでを繰り返したか知れないけれど、人からコメントをもらったのなんて初めてかも知れない。15年以上、誰にも相手にされないのに独り言を書き…

『今朝の秋』

『今朝の秋』 笠智衆 杉浦直樹 ほか 蓼科で隠居生活送る笠智衆の元に、息子である杉浦直樹の嫁が、夫の余命幾ばくもないことを知らせに来る。その頃、知らせを聞いた杉村春子が息子を見舞って病院を訪れていた。20数年前、男を作って出て行った杉村春子が、…

「もしかしたら」のない世界

考えれば考えるほど、人というのは何故生きているのか分からなくなる。生まれたら、あとは死ぬだけ。ただ、その間が長い。そして、思い通りにならないことばかり。先が分かっているのに、どうしてこんなつまらないことを繰り返さなきゃならないんだろうと思…

夢を作り出す

春が近づくと、眠気に負けて、布団に入らずそのまま寝てしまうことがある。もう既に2回もやってしまった。寝たはずなのに疲れは取れないし、歯磨きしないで寝ちゃうから、このタイミングで虫歯になることも結構あったりする。良くないことは分かっているけれ…

『野沢尚のミステリードラマは眠らない』

『野沢尚のミステリードラマは眠らない』 野沢尚 野沢尚によるドラマの書き方教本。これが全部とは言わないけれども、こんなに教えても良いのって言われるくらい創作法を教えてやるから、とりあえず真似して書いてみ? それで書けるとは限らんがな、という前…

好きなものだけを好きという戦い

私、ある脚本家の書く作品がどれもこれも苦手なのね。見た瞬間に誰が書いたホンかすぐに分かってしまうくらい。脚本家なんて売文業の底辺で、ほとんどの人間は注文通りに書くだけの作業用ロボットと同じ、という中にあって、作家性というものを比較的認めら…

バレていた

仕事が終わり、更衣室で着替えていた。暇だったし、働いたと言うほど働いてもいないし、役にも立っていない。いつもの話だ。それでもつい、身体の奥から「んーー」と唸り声が漏れ出てくる。 仕事がつまらない、単調で毎日毎日同じことの繰り返し、もう辞めた…

『アイアムアヒーロー』

『アイアムアヒーロー』 大泉洋 有村架純 ほか 謎のウィルスに感染し人間がゾンビ化した通称ZQNが大発生。漫画家志望で冴えない毎日を送っていた鈴木英雄は、高所ではウィルスに感染しないという噂を聞き、途中で知り合った女子高生・比呂美と共に富士山を目…

朱に交わったのか、類が呼んだのか

「情熱大陸」に日本のシェイクスピア俳優が出ていて、新劇にもシェイクスピアにも何の興味も無い私は、一体シェイクスピアの何が、そんなに人を引きつけるのか、このオヤジに役者の道を歩ませたのか、が気になってそのままぼんやりテレビを観ていたのだけれ…

付き合ってあげる

帰りの電車で会社の女上司に遭遇した。 家に帰る前に一冊本を買って喫茶店に行くのを人生の歓びとしている人で、帰る方向は違うのだけれど、乗る電車が同じなのだった。今年の三月に異動したからもう会わないと思っていたのだが、実はそれからも何度か見かけ…

金曜日は身体が軽くなるというのも憂鬱

仕事をしていて時間が経たないったらない。水曜どうでしょうの深夜バスで大泉洋が言った「逆浦島現象」という奴だ。比較的暇であることも重なって、もう露骨にやる気のない振る舞いをしてしまっている。当然、肝心なところでも役に立てず、それはそれで落ち…

休憩という名称をやめろ

不潔・副流煙・寒い(暑い)の三拍子そろった、通称「休憩室」での、世間で言うところの「休憩」。こんなものを休憩だとか昼休みだとか呼んでて良いのかね? 今日も昼休みとか言われる時間に、その休憩室とかいう場所に入っていったのね。いつも一緒になるオ…

『嘘の戦争』

『嘘の戦争』 草彅剛 藤木直人 ほか 幼い頃、目の前で家族を殺された主人公・一ノ瀬。周囲の人間に真実を訴えるも、事件は父親による一家心中と処理された。それから30年後、人に信じてもらえぬなら嘘をついて生きてやると誓った少年は詐欺師になっていた。…

さよなら今日の日

あるドラマを見ていたら、社会人としてちゃんとしていくのも大事だけど、そんなこといって夢が実現できなかった人をたくさん見てきて、もうこうなったら飯食えないの上等だよみたいなことを、ある人物が言っていて、同じ思いを持って、似たような内容を面接…

試験に出る「中条」 傾向と対策

試験でしばしば問われる「中条」について、簡単にまとめておきたい。 <頻出事項>・宇津井健とガードマンをやった後、港警察署であぶない刑事のタカとユージを課長として指導したタヌキが中条静夫。・三田村邦彦と一緒に三味線の糸で闇の家業を営んだ後、カ…

『ラ・ラ・ランド』

『ラ・ラ・ランド』 エマ・ストーン ライアン・ゴズリング ほか 女優を目指すミアと、自分のクラブを持ちたいジャズピアニストのセブが、出会って惹かれ合って、互いに夢を実現するも、結局二人は一緒になれなかった、という切ないミュージカル映画。 負け犬…

クールジャパン

夢を見ていた。最初は夜中に家を抜け出して、京都駅のような黒くて無機質な駅っぽい場所をぐるぐる回って締めのラーメンを食おうとする、みたいな話だったんだけれど、場所はそのままでだんだん別の形を帯びてくる。 世界に向けてクールジャパンを喧伝する少…

誰にでも出来るということ

いま、あなたは脚本家になりたい。ずっとなりたかった。ドラマや映画が、あなたの苦しいとき、心を救ってくれたからだ。でも、どうせなれっこないとも思っていた。自分なんかが、こんな空っぽの人間が、才能だってないのに。 つまらない映画を見ると、逆に奮…

お義兄さん

弟が結婚するんだって。凄いなぁ、私たちはあんなに小さかったのに、私なんか未だに大人になれていないのに、もうそんな風に時が経って、こんな風になるんだな。同じように時間を経てきたはずなのに、彼は大きく成長してグイグイと道を進んでいって、私はず…

0人にしてくれ

ふと当然のことを思った。仕事は何? という質問は、あなたはどこに所属しているの? という質問と同値だ。この質問に答えられる人は、誰でも名前を知っている大会社から、そうではない中小企業、あるいは零細企業だったとしても、自分の居場所がある人だ。…

インチキ・サスペンス

ドラマの構造を考えるに当たって、サスペンスドラマはその枠組みを非常に分かりやすく教えてくれる。 だいたい、サスペンスドラマはこういう流れで展開していく。①まず事件が起こり、刑事がやってくる。②現場に残された手がかりを元に、あるいは被害者の身辺…

騙すより、騙す側でいたい

吉岡里帆、可愛いけど演技は苦手かも知れんなぁ。これは彼女の演技そのものが好みでないのか、与えられた役に問題があるのか。『カルテット』における彼女のサイコパス的ポジションは、『いつ恋』の坂口健太郎と大体一緒でしょう? 坂口健太郎はその後別のド…

『陥没』

『陥没』 井上芳雄 小池栄子 ほか 2017年3月5日 森ノ宮ピロティホール 13:00開演 前作『キネマと恋人』でビックリするほどガッチリと心を掴まれてしまい、もう一度ケラリーノ・サンドロヴィッチ作演出の劇を見たい、というわけでチケットを購入し、見に行っ…

エキストラ

いつもさぁ、エラそうなことを言っているわけじゃない? 人間は自由なんかじゃないし自由を求めてもいないんだ、自分に与えられた宿命を生きたいんだ、たとえそれが失敗だろうと敗北だろうと、自分にしか生きられない人生だという実感が欲しいんだ、って。失…

捕らぬ狸の皮算用

ゴリゴリのマッチョになりたいとか、女性にモテる完璧な細マッチョを目指す、とかなら話は変わってくるんだろうけど、それなりにメリハリのある、それなりに引き締まった身体をキープしたいというなら、トレーニングは1日30分で十分なのではないか。 だって…

恋する

夕食を家の近所のレストランで摂った。大戸屋で定食を食うつもりだったのに、なぜかココに。そんな大層なレストランではない、とはいえ、ロイヤルホストより少し高いくらいのお店で、そんなにしょっちゅう行く場所ではない。実際、ここに来るのは十年ぶりく…

ジジイとババアのケンカ

あんたが使わないなら先に行かせてくれ、とジジイが言う。いや、使うつもりだが急いでいるなら先に使ってくれて構わない、とババアが言う。自分は急いでいないからアンタが使うなら先に使ってくれ、とジジイが答える。私がやると時間が掛かるから先にやって…

今年もダメだったわ

去年に引き続いて今年もダメだったわ。とりあえず最後の最後まで行けて去年よりかは幾分マシか。筆記は惨敗過ぎてほとんど悔いは無い。面接は私の甘さが前面に出てしまっていて、トンチンカンなこともたくさん言ったから、そりゃダメに決まってるわと思うん…

親に感謝する

ウチは比較的裕福な新興住宅地の中にある。周りには大企業に勤めるエリート社員がたくさん。子供の教育に結構な情熱を掛ける人たちが多くて、京大なんて珍しくないし、関関同立が最低ラインくらいの意識がある。公立の学校だったけれど、同級生はだいたい、…

酔うと饒舌になる

私は母に似て下戸でほとんど酒が飲めないが、父と弟はザルだ。そして、酒を飲むとえらく饒舌になるところまでそっくりである。祖母が言うには、父から話を聞き出すときは、家で酒を飲ませたんだとか。すると聞いてもいないことをペラペラと喋り出す。普段は…

女の子のバンドの話

世代世代で女の子のバンドって言うのがある。それこそ昔はプリプリとか? えらい古い話だ。ウチらの世代はやっぱりJUDY AND MARYだろうけど、女の子のバンドって言うとちょっと違うか。となると、チャットモンチーかな。 いまの世代はSHISHAMOか。私が働き始…

既にあるものと、まだ存在していないもの

小さな頃から思っていた。たとえば数学。勉強が進んでいくと、前にやっていたあの分野での話が、いまやっている分野の話と繋がっていることが分かる。三角比を勉強したときの公式が、ベクトルを勉強したときの公式と、実は同じことを言っていた、というよう…

気持ちのやり場

やれやれまた元の生活に戻ってしまった。本当に刺激的な有給休暇だったとつくづく思う。 もし自分の希望が叶ってそっちの方に進めたら、それはそれで先が全く見えなくて恐ろしい。でも、そっちには行けなくて、やっぱりこの生活が続くと思うと、それも恐ろし…

『さらば あぶない刑事』

『さらば あぶない刑事』 舘ひろし 柴田恭兵 ほか 港の倉庫だった横浜がすっかり国際都市になって、タカとユージも定年直前。中条静夫が死んでからの映画は一つも見ていないんで、色々変わっているようにも見えるが相変わらず。 横浜を牛耳っていた裏組織の…

『洞窟おじさん』

『洞窟おじさん』 リリー・フランキー ほか 13歳の頃に家出をして、山の洞窟で数十年を生きたという男の半生を綴った「ほぼ」実話。とても良いドラマだった。全四話。 物語は、おじさんになった主人公・加山一馬が自販機泥棒で警察に捕まるところから始まり…

『足跡姫』

『足跡姫』 宮沢りえ 妻夫木聡 ほか 2017年2月18日 19:00開演 東京芸術劇場プレイハウス 物語の筋自体がとある物事のメタファーで、例えば言葉遊びのようなものから、それって実は○○のことでした、と暴いていくのが野田秀樹の基本線なんだろう。『エッグ』で…

旅4日目

今日が最終日。朝食はルノアール。11時にチェックアウト。池袋のホテルを出たところに行列の出来るアップルパイ専門店があって、列がほとんどできていなかったので、買ってみた。これは後日食べたのだが、きっと焼きたては美味いんだろうなぁ、という味だっ…

旅3日目

宿を後にして、東京駅へ。そこで飯を食って、池袋まで移動した。どんな風に動こうか、何の計画も立てていなかったが、観光には行くつもりだったので、ロッカーに荷物を押し込んで、とりあえず喫茶店に入った。しかし、そこでも結局プランは決まらず、そのま…

旅2日目

集合時間を勘違いしていて、エラい目に遭いそうになったけど、なんとか大丈夫だった。 聞いていた話と全然違うお題を出されて頭が真っ白になった。何にも思い浮かばなくてダメだここで終わりだと思ってガッカリしていたら、なんとなく書けそうな話の種が見つ…

旅1日目

ちょっとした小旅行をしてきた。その雑感、一日目。 まず京都駅から新幹線に乗った。新幹線に乗ったのは、小学校の修学旅行で広島に行ったときと、中学校の修学旅行で東京に行ったときの2回。自分で券を買って乗ったのはこれが初めてだ。改札の通り方も分か…

告白する

夢を見ていた。いまだに高校生の頃好きだった女の子が出てくるんだから、自分の中の時の止まりっぷりといったらない。そして、夢の中で初めて彼女に思いを告白した。といっても、彼女が好きだと言ってくれて、僕もです、というようなとても卑怯な方法を使っ…