京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『藤子・F・不二雄のまんが技法』

藤子・F・不二雄のまんが技法』 藤子・F・不二雄

言わずと知れた藤子・F・不二雄によるマンガ指南の本。マンガが好きでマンガを描いてみたいと思う子供向け(といっても中学生以上か)に書かれたもので、『ドラえもん』を引用しながら、マンガ作成の手順について要領よく整理されている。

本書で述べられていることを大まかにいえば「マンガの見せ方の多くは映画の技法によるものである」ということと「インプット(映画やマンガを浴びろ、ネタ帳を作れ)とアウトプット(ひたすら描け)の量を増やすことでしか上達はしない」という二点。確かに、映画技法(構成術)にかなり精通していると見られ、私としても、そこら辺のことが知りたかったので大いに満足。

最終章で藤子先生が自ら『ドラえもん』の創作過程を公開・解説してくれていて、ここはかなり面白い。が、プロットを書かず、悪くいえば行き当たりばったりで描くスタイルを取っているので(忙しくてそうせざるを得なかった?)、凡人にマネが出来るかは疑問。結構アイデアが次々湧いてくるタイプの人だったようで、「まず何を書こう」というところで躓く私には、この点、参考にならなかった。

先生も創作のネタ帳を作ることで産みの苦しみを軽減させたのだろう、と信じて、私もミソ帳を作りたいと思う。

藤子・F・不二雄のまんが技法 (小学館文庫)

藤子・F・不二雄のまんが技法 (小学館文庫)