読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

味噌汁を温める

味噌汁を作るときに、ずっと疑問だったことがある。どうして火に掛けている間は何もないのに、火を止めると湯気が出るんだろう。火が出ている間は周りの空気も暖まるから湯気が出ないのかな、とか考えていた。

で、それは一応正解だったのだけれど、自分の曖昧な理解力に今更ながら驚いた。

正確にはこうだ。味噌汁からは常に湯気の元(蒸気)が出ている。湯気は周りの空気によって冷やされた(=凝結の)結果である。火をたいている間は周囲の空気が温まり、凝結が起こらない。したがって、湯気として現れないから、見ることが出来ない。

注意深く現象を見つめる「未来の科学者」っぽい自分の態度には好感が持てたが、私には未来はないし、これじゃ勉強のできないタダの馬鹿だなと思った。