京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

労働意欲の減退

あのCMは良いんだけど、一方で、高畑充希を見ると、なぜか働く気が失せる。働くのがアホらしく感じてしまう。もともと働く気なんかないのに、もともと働くのがアホらしいと感じているのに、思わずため息をフゥとついて、ますます自分から力が抜けていくのが分かる。

良いとこのお嬢さんで、早くに夢が叶って結構なことだ。とは別に思わないんだけれど、これが無理でもまぁなんとかなる、っていう金持ちならではの堂々とした雰囲気というか、独特の余裕があって、それがまた自分のやりたい方向への推進力になっている感じが、なんでこうも自分の思い通りに行かないことばかりで、こんな端金を稼ぐためにあくせく働かなきゃならなくて、こんな端金がなきゃ生活もできないんだろうっていう自分の現状と、凄い対比感を生んでいる気がするんで、要するに嫉妬だと思う。

金持ちのところに生まれてそのまま成功者、なんて人間はごまんといるのだろうが、彼女はしょっちゅうテレビに出ているし、そこで「人生は夢だらけ」みたいなことを言っているから、余計にそう思うんだろうな。あぁ、やだやだ。自分の心の余裕のなさが。