読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

桜なんか咲いても見ない

本能的に感じるのだけれど、自殺は春が一番多いんじゃないだろうか。冬が終わって、草木の芽吹く季節なのにも関わらず、ではなく、だからこそ、きっとこの季節に死にたくなる人は多いのだと思う。

冬来たりなば春遠からじ、なんて言って、みんな春を迎えているのに、もうかれこれ10年以上、私は春を感じない。桜なんか咲いても見ない。見られない。綺麗だね、またこの季節が来たね、あと何回この花を見られるのかな、なんて思えない。

私だけまた取り残された。私には春が来なかった。どうせなら冬のままで良かった。もう春なんてこなくて良い。来年まで生きていることすら考えたくない。テレビを見ても、外を歩いても、前に進んでいく人ばかり。春は本当に惨めな気持ちになる。