京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

中国語くらいできるようになりたい

高校で少し中国語をかじり、大学でも第二外国語は中国語を取った。フランス語を取る(履修する)馬鹿、中国語(の単位が)が取れない馬鹿、と言われるとおり、中国語って取っつきやすいんだよね。単語は漢字で、漢字一つに読み方は一つと決まっている。語順は英語をベースに、日本語の感覚が混じっている。たとえば、過去形だったら最後に「了」を付けるだけ。日本語だったら最後に「た」を付けるだけで過去のアスペクトになるのと一緒。規則変化動詞も不規則変化動詞もない。「彼は誰?」というときも、英語なら"Who is he?"だけど、中国語は語順に変化無く「他是誰?」で、日本語と英語のいいとこ取りみたいな感じ。

最近、やったら中国人と接する機会がある。たまに全く日本語も英語も使えない奴が来るんで、メモ帳を出して漢字でやりとり……これがなかなか上手くいかんのよ。せっかく嫌々勉強したのに、見事に忘れとる。「ニーハオ」以外で覚えているのは「清坐」(どうぞお掛け下さい)くらい。凄く悔しいんで、中国語をもう一度勉強したいと思っている(また始まった)。

語学はね、英語が終わったら中国語、中国語が終わったらロシア語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、とやっていきたい。終わったら、って終わらないんだけどね。