京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

京福電車に新しい駅が

小さな頃から嵐電に乗っている。昨日は二月ぶりに嵐電を使ったんだけど、新しい駅ができていてビックリした。「撮影所前駅」。目と鼻の先に帷子ノ辻がある。こんなところに駅を作る必要があるのか? と思うのだが、確かに太秦へのアクセスはほんの少しだけ楽になっているな。映画村が裏口を作ったから、京福で映画村行くなら撮影所前で降りれば良いし。といっても、嵐電の利用者も多くないし、映画村へ行く人も少ないだろうし、どれだけ何の効果が生まれるんだろう、とは思う。

面白さという点では今の映画の方が面白いものは多いけど所詮消耗品。じんわりと心に残る映画なんて滅多に現れない。人気作家の作品を人気タレントが演じて派手な画にしたっていう話題先行のつまんないものばっかり。まぁ、それでようやく金になるレベルだから仕方ないのか。でもさ、そんな流行を追っかけた馬鹿みたいな話は東京に任せて、京都でじっくりと映画作ったらええんとちゃうの。東大にできないことを京大がやるように、それは可能ちゃうかと思うねんけど。

ということを嵐電に乗るといつも思う。撮影所前駅をきっかけに何かが変われば良いのに。まぁ難しいだろうなぁ。