京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『「感情」から書く脚本術』

『「感情」から書く脚本術』 カール・イグレシアス

脚本家の書いた本を映像化するに当たって、まず最初の関門となるのが「下読み」と呼ばれる連中。こいつらをパスしない限り話が前に進まない。ハリウッドでは構成がやかましく言われるんで、何ページ目までに○○が起こって、何ページ目で××が起こる、というガイドラインがあり、「下読み」もそれに沿って判断を下すことになる訳だが、構成は最低限の話。大事なのは、感動する脚本かどうか、だという。「下読み」がまず感動するものを書かないといけない。あいつら、別に構成そのものに感動しているわけじゃない。じゃあ、どうやって感情を揺さぶるのか、という話。

だから、ハリウッドでは常識とされるフォーマットみたいなものは、初心者の技術として習得済みの、いわば「上級者」に向けて書かれている、ということらしい。ワナビーの上級者って、凄く恥ずかしい響きだけれど。

それで、実際の内容は、テクニックの道具箱、といったところ。これに必要なのはこれとこれとこれ、これのパターンはこれとこれとこれ、とひたすら分類し、例を挙げていく。よく言えば辞典みたいなもので、悪く言えば情報の羅列。各項目に深みはなくて、本としてはあまり面白いと言えない。聞いたことあるような話、役に立つのかよく分からない話、もチラホラ見られる。とりわけ、台詞の章は一番ページが割かれているのに、言語上の問題で例がクソつまらない。

まぁプロでやっていくなら、ここに書かれているようなテクニックはササッと使えるようになっていないと話にならんのだろう。誤植がいくつか見つかったが(阿呆が「阿保」になっているなど。あとウェイン・ブースの『フィクションの修辞学』は水声社から邦訳が出てますよ←追記)、アメリカ特有の話に及んだときに、日本との違いを補足説明してくれているなど、翻訳家の仕事は丁寧で好印象。

「感情」から書く脚本術  心を奪って釘づけにする物語の書き方

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方