京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

フォントが変わると内容も変わって見える

テーマを「Apollo for Hatena Blog」から「Mintgreen」に変更した。先に使っていたテーマは文字の大きさや行間が好みで、ブラウザのサイズによって文字サイズも変化するというのも良かったんだけど、ちょっと気分を変えたいということもあって。といっても、またワンカラムのシンプルなデザインということで、あんまり変わってはないかも知れない。文字が小さくなってしまったのは少しマイナスかな。グリーン系の色は好みじゃないのと、本文の色が薄いと読みにくいので、少しだけカスタマイズさせていただいた。

「Mintgreen」の作者に「Classical」というテーマがあって、プレビューを見てみたんだけど、こりゃダメだと思った。というのは、フォントが明朝体だったから。全体的に格調高さが漂っていて、私の書く駄文と、表示される字体が明らかにマッチしていない。フォントが変わると内容が変わって見えてしまう、が、実際に内容が変わっていないから、読んでみるととんでもない違和感に襲われるのだ。

なんて言うと、今使ってるテーマが、私の書く駄文にピッタリ、というような話になってしまうが、別にそんな話をしたいんじゃない。