読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『ザ・ストーリー』 Chapter12

『ザ・ストーリー』 Chapter12 ロバート・マッキー

目次:

INTRODUCTION 型破り脚本術
Chapter 2 構成のスペクトラム
Chapter 3 物語世界を創造する
Chapter 4 ジャンルと決まりごと
Chapter 5 構成とキャラクター
Chapter 6 思考と感情のデザイン
Chapter 7 ストーリーの本質
Chapter 8 インサイティング・インシデント
Chapter 9 困難の連鎖
Chapter10 シーンをデザインする
Chapter11 シーンの分析
Chapter12 コンポジション
Chapter13 危機、クライマックス、解決
Chapter14 敵対者の原則
Chapter15 状況説明
Chapter16 問題と解決策
Chapter17 登場人物
Chapter18 脚本の実際
Chapter19 プロの流儀

コンポジション

コンポジションとは、シーンをどのような順番で並べるかを考えて、つなぎ合わせること。コンポジションには、以下のルールがある。統一性と多様性、ペース調整、リズムとテンポ、社会的/個人的進展、象徴性と皮肉、移行の原則。

インサイティング・インシデントとクライマックスには因果関係が無ければならない。インサイティング・インシデントは、ストーリーの大義。ストーリークライマックスはその必然的結果。両者を結びつけるのは、人生のバランスを取り戻したいという主人公の強い思い。(統一性)
一方ラブストーリーであり政治ドラマであるとか、悲劇の中の喜劇である、といった多様性も必要。(多様性)

ストーリーは人生の暗喩で、人生と同じリズムを持っている。(リズムとテンポ)
くつろぎを求めるが、そればかりだと飽きる。緊張/スリルを味わいたいが、そればかりだと病む。両者に緩急を付けて、感情を使い果たしたが、気持ちは満たされたという状態を作る。1シーンは平均2,3分。テンポは、セリフ。動作によって生まれる動きのレベルのこと。クライマックスに先立つシーンでは、リズムを短くして、テンポを高める。クライマックスを迎えたら、ブレーキを掛けて、時間を取って緊張を保ちながら、ストーリーを語る。

ストーリーの進展を描く4つの方法。
①登場人物の行動が社会に及ぼす影響を大きくする。(社会的進展)
②行動が登場人物の人間関係や内面に大きな影響を及ぼす。(個人的進展)
③ストーリー中の特定のものを普遍的に、特殊なものをアークタイプに変えて、象徴性を持たせる。(象徴性を高める)
象徴性を高めるには、特別な意味を持たない行動・場所・役割を描く。ある特定のイメージにどんどんと大きな意味を与える。ストーリーの終わることに、人物や設定、出来事に普遍性を持つようにする。
④皮肉な展開にする。ただし、皮肉であることをアピールせず、観客に気付いてもらえることを信じる。

シーンAからシーンBに至るには、両者を結びつける、第3の要素が必要。AとBに共通するもの、対立するものを考えてみる。(移行の原則)

次は「Chapter13 危機、クライマックス、解決

ザ・ストーリー

ザ・ストーリー