読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『シン・ゴジラ』

シン・ゴジラ 長谷川博己 石原さとみ ほか

もし2016年の現代日本にゴジラが出現したら、この国はそれにどう立ち向かうのか、という政治ドラマ。

前に『セトウツミ』を観に行ったとき、さんざん予告編を見せつけられて、中で気になっていたのがこれ。映像と音楽のみで、台詞が全くないのに、なぜか心引かれる予告編だった。もともとオリジナルの『ゴジラ』を知らないんだけど、これは怪獣映画ではなくて、それに立ち向かう人々を描いた映画であることがすぐに分かる。

ゴジラは人間がかつて海洋に捨てた核の廃棄物を食って生まれた怪物で、突然現代の東京に現れて街を破壊し、さらに街を放射能で汚染していく。ゴジラの出現は天災であり、かつ有事だ。我々はゴジラによって崩壊していく日常を目の当たりにし、このあいだの大震災と先の大戦を嫌でも思い出さされる。形こそ変えてあるものの、描かれるもの一つ一つが何をモチーフにしているかは、現代を生きる日本人には手に取るように分かるだろう。

そして、ずっと不安視される次の戦争あるいは次の大震災、ということも考えざるを得なくなる。もし、そんなことになったら、どんな問題が生じ、日本はどうやってそれに立ち向かっていくだろう。あるいは、どうやってそれに立ち向かっていくべきなんだろう。この映画は、政治家や官僚など、日本の中枢でこの国を動かす人間たちを追いかけることで、我々日本人にそれを問いかけてくる。行政がいかに硬直しているのか、というところをかなり批判的に描きつつ、無能がいれば有能もいる、ということで希望を持たせる。トップの人間たちの政治的思惑というところで日本ってクソだなと思わせつつ、集団的自衛権ってヤバいよねと思わせる、などなど観る人によって注目すべきポイントが色々見つかるところも、映画としてのバランスの良さを感じる。

とはいえ、面白いかといわれるとどうだろう。いや、実は結構楽しんで観ていたんだけれど、物語も役者の演技も少々単調じゃないかな。ゴジラが出たり引っ込んだり、その度に人間が会議を開き、作戦を実行、の繰り返し。核で排除か、科学の力と知恵で打開するか、そのタイムリミット、というところはドラマとしては魅せるが、あれだけドッカーンとやってきたのに、最後はポンプ車で凝固剤を注入って、絵としてはなかなか地味じゃないか。役者の演技が単調なのも、個が全く重視されず、飽くまでチームプレイを見せる、という演出の意図があるのは明白なんだけど、その割に石原さとみが浮いてたしなぁ。

ニッポンのゴジラを(アメリカから)とりもろす、っていうことで、アメリカのGODZILLA(古い方しか知らん)みたいなバカ映画とは全然違うけど、これが面白いって受け入れられるほど、みんな映画を見ないんじゃないかな(とか思ってたら、想像を絶するほどのヒット作になってる。追記)。言語上の問題もあるだろうけど、これが日本のゴジラだ、っていっても、外国人には全くピンと来ないだろう。まぁ別にそれで結構なんだけど。

ところで、なんでこれを見に行ったかと言えば、電車の中刷り広告を見たから。EXPOシティのIMAXは2016年現在、日本唯一の次世代IMAXだそうで、『シン・ゴジラ』は8月10日まで限定上映されるとのことだ。一度IMAXを観てみたくて、しかも次世代と聞いて食指が動いたのだ。

IMAXは、部屋の壁全部がスクリーンというとんでもなくでかいサイズで、度肝を抜かれた。このスクリーンは、縦横の差があまり感じられない正方形っぽい形をしている。いわゆるスタンダードサイズ(縦横比が1:1.33)。目に見える範囲が全て映像になるから、圧倒的な臨場感が得られる、という理屈なのだろう。確かに予告編で流れた『インフェルノ』は画面全部を使っていて、これがIMAXなのか、と少し感心した。

が、肝心の『シン・ゴジラ』は、でかいスクリーンにいつもの長方形の映像を映写しただけ。つまりシネマスコープ(縦横比が1:2.35)。スクリーンの上下に空白があるから、普段より少し大きい画面で映画を観ているという感覚以上のものはない。要するに、全然IMAXじゃなかった。これのために普段の倍近い値段を出したのかと思うと、結構悔しい。

IMAX上映が始まると、これが地球上でもっとも凄い映像体験だとか、楽しめ、感動しろ、映画と一つになれ、とかアメリカらしいハードルの上げ方をしてくるんだけど、そこが感動の頂点だったような気がする。まぁ、いずれ再挑戦しようと思う。