京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

狂ってます

本がすぐ品切重版未定になってしまう。それが日本だ。他の国のことは知らないが。

ずっと売り続けられるものだったら、時間と金に余裕が出た時、順番に買っていくのだが、欲しいと思った時に買わないと、すぐに手に入らなくなってしまう。amazonがダメなら、ネット書店を巡り、それでもダメならネットにデータベースを載せていない中規模書店の店頭在庫に賭ける。行きつけの店はいくつかある。それでも結局手に入らずじまい、という本が何十冊とある。

ちなみに古本は不潔な感じがしてどうしても手が出ない。図書館にもたまにお世話になるが、実際は図書館の本も、家に持ち帰りたくないくらい。それに、ずっと手元に置いておけないから、図書館で物の本は借りない。借りるのは小説くらいのものか。

話は少し戻るが、以前、ネットの本屋巡りをしていたとき、喜久屋書店のサイトに立ち寄ったことがある。それが凄い。自分の探している数十冊の本が、全て在庫ありになっているのだから。通販はやっていないとのことで、店舗に直接電話をしたところ、店員が端末をいじった後に「狂ってますね」と言った。一瞬、自分のことを言われたと思ったのだが(実際そうだったのかも)、データベースが狂っている、とのことだった。後日改めて検索してみると、問い合わせた本は全て在庫なしに変更されていた。

ところでその後、また別の本を検索して喜久屋に問い合わせたところ、別の店舗の別の店員がこういった。「狂ってますね」。これは一体何なんだろう。喜久屋書店で社員たちが共有するフレーズなんだろうか。「データベースに何らかの不具合が生じています」とか「ちょっとおかしくなってるみたいですね」とか別の言い方ないのかな、と思う。親切丁寧に対応してくれたし、何の不満もないんだけど、「狂ってますね!」という言葉だけが妙に強烈に耳に残るのだった。

で、まぁ使えないんで、喜久屋書店は使ってない。