京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『エロ漫の星』

『エロ漫の星』 金平守人

エロ漫画家志望の主人公が、一流エロ漫画家になるまでを描いたマンガ。まず第一にギャグマンガであり、第二にエロマンガであり、それから最後にエロマンガのハウツー本だ。

簡単に言えば『サルまん』のエロ漫画バージョン、ということだろう。実際、『サルまん』をかなり意識して描かれていることが分かる。そして、『サルまん』同様、創作論を語ったマンガであり、『サルまん』以上に創作者を奮い立たせるストーリーマンガだった。

正直、マンガで抜いたことは一度も無いんで、エロマンガにも何の興味も無くて、実際読んでみても私のナニは何にも反応しなかった。が、絵でここまでのエロが作り出せるのか、というところには素直に感心した。

そして単純にマンガとして大笑いした後、主人公が、それでもマンガを描くんだ、と立ち上がるところで大泣きしてしまった。具体的には、主人公がキャラクター愛に目覚めて徹夜で書き上げた原稿を、編集長が真っ二つに引き裂くシーン。なぜか、その編集長のアップのコマで私の涙腺が決壊したのだった。

日曜の昼に、30手前の男が、エロマンガ読んで号泣って、それを思い浮かべると今また泣けてくるが、それくらい良い本だった。マンガって泣けるんだね、というのを、まさかこんな本(失礼)で知ることになるとは。クソ虫ゴロ太、ありがとう。

エロ漫の星 上巻―素人からのエロ漫画入門 (ヤングコミックコミックス)

エロ漫の星 上巻―素人からのエロ漫画入門 (ヤングコミックコミックス)