読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

シンクロ

テレビを付けながら飯を食っていた。テレビに出ていたのが林与一。この人って古典芸能出身だったっけ? という話から、この人は昔、という流れになった。

ほら、と言いながら、指で鼻を押して豚っ鼻ぽく見せてくる。なに清水アキラ――? いや、じゃなくて――。あぁ、チャンピオンの、アリスの、なんだっけ、そう谷村新司、と何故か分かってしまう。

そう、谷村新司が、デュエットしてた――。あぁ、あの胸に手ぇ突っ込む奴か――。そう、あの突っ込まれてた方、あれが林与一の元嫁で――。

と、こんな具合に何の中身もない話をしていた。これが今日のこと。

昨日、山口智充が歌う「戦士の休息」が何故か聴きたくなって、ダメ元で「ぐっさんのビッグショー」を探したら、あっさり見つかった。

歌は上手いし、物まねは出来るし、楽器も出来るし、何でも器用にこなしてしまうぐっさんは、あれもこれもやりたくて仕方ない私にとって結構憧れだったりする。本職のお笑いも小器用になってしまっているのが玉に瑕なんだが……。

「戦士の休息」のあと、友近が現れて、一曲デュエットソングを披露していたが、これがまさしく、谷村新司林与一の元嫁と歌っていた「忘れていいの~愛の幕切れ~」だった。

この偶然の一致をシンクロニシティと呼ぶには、意味がなさ過ぎるが、つい先日も、「仮面ライダーBLACK RX」を見ていたら高畑淳子の息子が逮捕されたりして、何か不思議な力が働いているとしか思えないのであった。

それにしても、「忘れていいの~愛の幕切れ~」は凄いよな。何が凄いって、谷村新司の物まねをする人は、別の曲でまねするとしても、絶対にこのときの谷村新司を意識しているし、見る人もこのときの谷村新司を思い出すでしょう? このときの谷村新司は、長い歴史とか広い宇宙のただ一点に運命的にはまり込んでいる。このときこの場所でこの人にしか出来ないことをやっているという凄さがある。

そしてさらに凄いのが、こんな古い歌のMVを私が知っていることと、私が知っていると確信して話を進めた私の母親である。