読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

朝、通勤電車の窓から、空に大きく架かる虹が見えた。本当に大きかった。135度くらい、第二象限の半ばまで、虹は延びていた。虹は太いライン3本で構成されていて、その太い1本が2色に分かれているように見えた。電車が進むほど、虹は短くなっていき、どこに7色目があるのかを探しているうちに、ビルに隠れて見えなくなった。

綺麗な虹だった。あの電車に乗っていた人の中に、あの虹を見た人はいたのだろうか。綺麗な虹だったね、と誰かと言葉を交わしたいな、と思った。