読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

心ここにあらず

夢を見た。高校のとき好きだった女の子がAV女優になってしまう。先輩のヒロミがそのビデオを見たとか見ないとか言っているのを、どんな中身か知りたいような、それが間違いであって欲しいような気持ちで聞いている、という酷いものだった。彼女はもう結婚していて(現実世界のFacebookで知った)、そんなものに出演していることがバレたら、彼女は一体どうなってしまうんだ、と何の関係もないくせに私はずっと心配していた。目が覚めて、それが夢だと分かって、とても安心した。

この前テレビに出ていたヒロミを見たのと、坂口良子の娘がAVデビューするというのと、Facebookにアクセスして(といってもアカウントは持ってない)彼女の顔を見たのが、脳内で分かりやすくミックスされた結果だろう。

夢の記憶はすぐに薄れていったけれど、彼女のことが頭から離れなくなってしまって、一日中、上の空だった。あの時、あんなことがあったなぁ、あんなことを言ってくれたなぁ、どうして私はあの時、ああ言わなかったのかなぁ、と成就しなかった片思いを反芻していた。非モテをこじらせると、本当にエラいことになる、という典型的な例だと思う。

心ここにあらず、というが、それにも実体のあるものとないものがあって、もちろん私は後者の方だ。好きなもの同士で恋愛をして、きちんと上の空になっている人たちが羨ましいなと思った。