読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

形から入る

ポメラの新機種が発売されるらしい。DM200という。もう本当に恐ろしいくらい偶然、このことを知った。前機種DM100が出た時、ちょっと欲しいな、と思った。思ったけれど、ちょっとイモっぽいし、やっぱり画面が小さいし、買わなかった。そもそもまだシナリオを書いていなかった。ん? 今は書いているのか? いや、書こうとしている。構想を練っている。だからつまり、書いている最中と言うことだ。それで、凄く欲しくなっている。

私のイケナイところだ。まず形から入る。受験勉強をするのに参考書をまず揃えるのと同じ。受験勉強に限らず何かと本を買い集めるクセがあるのはご存じの通り。そもそも今のパソコンだって、シナリオを書くため、といって踏ん切りを付けて買い換えたのだった。

ポメラ、いいなぁ。文字を入力するだけ、というのが良い。何にも誘惑されずに、創作にだけ専念できそうじゃない? とかまた購入理由をでっち上げようとしている。いま、私を踏み止まらせているのは、DM200がリチウムバッテリーの充電式だ、というところと、そのお値段。充電式は手軽さに欠けるし、短命に終わることが宿命づけられているから嫌いだ。それがロースペックのノートパソコンが余裕で買える値段なのだから躊躇うのも無理はない。

一つ電子辞書が欲しいとずっと思っていて、ポメラには中途半端に辞書が搭載されていて、両者ともに似たような値段。どっちも欲しいけど、そんな金はないし、どっちも買ったら、なんか被ってる感じがする。というのも気がかり。多分、どっちも私には必要ない、というのが真実なんだろう。

そして、今もっと気になっているのは、マイクロソフトが一体型PCを出すとか出さないとかいう話。お前、それワシが散々欲しいって言うてたヤツとちゃうんか。うーん、HPのデスクトップ、調子悪いしなぁ……いやいやさすがにそれはアカン。EIZOのディスプレイは本当に目に優しいし、買い換えへんで。教授はパソコンを買い換えへんで。