京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

吹奏楽部っていいな

中学生の頃から吹奏楽が好きだった。学生の頃、文化祭に限らず吹奏楽部が折に触れて演奏をしていませんでしたか? 周りのみんなが少し斜に構えて聴いていた演奏を、私は結構良いな、と思いながら聴いていた。いまでも街中でブラスバンドの演奏があると、ついつい足を止めてしまう。

いまもし中学生に戻るとしたら、吹奏楽部に入る。楽器はサックスが良い。次点でトランペット、それがダメならフルート、クラリネットがダメなら吹奏楽部は諦める。堂々と吹奏楽部を志望するためにも、小学生の頃から音楽はやっておきたい。ピアノは当然のこと、サックスも習わせて欲しいな。うーん、さすがにうちのような中流家庭にそれは無理か。

しかし、あの時の私よ、なんで吹奏楽部に入らなかったんだ、とは絶対に言えないな。楽譜もまともに読めなかったし、周りは女の子ばっかり(しかも可愛い子ばっかりだった)、第一、集団の一員として振る舞うなんて、当時はもちろん、今だって考えられない。一人が下手だと全員が怒られるという体育会系の世界でしょ、あそこ。あぁ、無理無理。

というわけで、私は一人寂しくピアノ(全く弾けない)とギター(これもまったく)を鳴らす。ドラムもやりたいな、などと言いながら。