読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

せいかつ かえてえ

出勤早々、金曜に私がやった仕事に間違いがあったとかでドタバタぴりぴり。先方となんとか連絡を取って、自転車に乗ってあっちとこっちを2往復。やかましいのは会社の方で、大事にならないようにナシを付けてもらったのだが、それも上手い具合に収まるのかはよく分からないらしい。

こういうことが起こると、すぐに誰が悪い、何が悪かった、あれをこうしなかったのが悪い、と今更どうしようもない話ばかりになる。自分のミスを棚に上げていうけれども、ミスなんてのはどこかで絶対に起こるものだろう。それがしょっちゅう起こるものなら原因究明と対策の必要があるだろうけれど、何かの要因が重なって発生する数年に一度のエラーなんて、どうしようもない部類のものじゃないのか。っていうか、そのために上司に不備がないか確認をしてもらっているのに、そこはスルーしちゃってるんだから。

挙げ句の果てには、最初にミスしたお前のせいで、その確認に関わった人間にまで責任が及ぶんだから気をつけろ、自分だけが責任を負えばいい話じゃないんだ、だって。人が言い返せないのを良いことに、本当にありがたいくらいネチネチと言われた。バイトだぞ俺……っていう心構えだから、採用落ちたんだろうなぁ。ちなみに、このミスが会社にミス認定されると、うちの部署の成績にマイナスが付けられるらしい。えっ、それだけ? と思っちゃう私は社会不適合者だ。採用、落としてくれて良かったんだと思う。こういうのをwin-winというんだろう。

そんな風にモヤモヤしていたら、ミスを連発。確認者はそのミスをまたスルーする。確認作業要らなくない? 何もかもが形式的で、実質的なものがおざなりもいいとこ。で、またチャリ漕いで遠出する羽目に。土日の筋トレで筋肉痛だというのに、一日何時間自転車に乗ったんだろう。

今週、まだ4日もあるぞ。今年度末まではあと85日。ホント、ため息しか出ない……。