京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

その世界を僕は知ってる

ぼくは明日、昨日のきみとデートする』という映画の予告を見ていた。普通ならタイトルからして絶対に見ないだろう。そして、見てみたら案の定、鳥肌が立った。もう来年30歳になる恋愛経験の無いオッサンに、これは無理だ。こういうのを見て胸キュン(死語)するであろう女子たちの若さが、素直に羨ましいなぁと思う。

ところで、この予告編の最後に出てくる、お昼の鴨川デルタ。柔らかい光に包まれた映像は、現実を忘れさせてくれる。この世で撮られているのに、違う世界のお話であると思わせてくれる。それが映画の良いところだ。現実世界を切り取ると、それが架空の世界になる不思議。私は、現実世界から彼らを切り取る作業を、橋の上から見ていたのであった

私はこの世界を知っている。でも、同じ世界とは思えない見え方をするものだと思う。私にはこんな柔らかな光は見えなかったもの。それにしても、鴨川はやっぱり良いな。