読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

読め!

ダウンタウンの話ではない。

日本人にいくら教えても意味がないものは英語だ、というようなジョークがあるように、本当に日本人は英語を勉強するのが好きなのに英語が出来ないままでいる。私もご多分に漏れない。もしかしたら今の若い子たちは英語が出来るようになっているのだろうか(おそらくそんなことはないだろうが)。

英語の参考書がベストセラーになるのをみるたび、俺たち一生英語は使いこなせないんだよな……と悲しくなる。別に使う必要が無いんだから、使いこなせなくても凹む必要は全くないんだけどさ。なのにやっぱり、どうしても、英語を使えるようになりたい、という思いはなかなか消せない。

こういう人間の心の隙間に入り込んでくるのが「英語が出来る人たち」だ。連中は、日本人は英語の勉強の仕方が悪いから英語が使えないままなのだ、と学校英語・受験英語を執拗に必要以上に否定しようとする。日本人が英語を使いこなせないのは、先にも言ったように、使う必要が無いから、というただそれだけのことだと思うんだが、まぁこっちはろくに英語が使えないんで返す言葉もない。

ただどうなんだろう。そんな「英語の出来る人たち」の指導によって英語が使えるようになった人も、逆にあまり見ないわけでね。結局、留学でしょ? 向こうに行って必要に迫られて習得しただけじゃん、と思ってしまう。

しかし、昔の日本人には、今のように英語の教材が豊富ではないのに、教授法も勉強法も確立していないのに、留学する機会にも恵まれなかったのに、すごい英語の使い手がたくさんいるように思われるんだね。頭脳のできが違うことはさておいて、日本にいながらにして英語を習得するには、その先人たちの方法を参考にするしかない、と思うわけです。

思うに、先輩たちは①漢文の知識を使って、②ひたすら読みまくった、のではないだろうか。漢文を訓読しまくっているうちに自分で訓点を付けられるようになり、次第に訓点なしの白文で読めるようになってくる。すると自分で漢文を拵えることも出来るようになってくる。これを英語に応用したのではないか。

そして結局、その方法の延長に、学校英語・受験英語がある。だとすれば、足りないのは読む量じゃないのか。とにかく、何が何でも読みまくる。それが英語の参考書でも構わないから、読んで読んで読みまくる。そうすれば道が開けてくるんじゃないだろうか。

その成果は、いずれこのブログで発表しようと思う。いや、私が無理でも、誰か試してみて欲しい。