読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

イヤホンは耳掛け

耳掛けイヤホンを愛用している。ヘッドホンは頭が痛くなる。インナー型は耳が痛くなる。どうせうちの中でしか使わないし音質もさほど気にしないし、とにかく装着が苦にならないものが良い。それで、ずっとソニーのを使っていた。ジャスト1000円だったと思う。雑に使うから三年も持たず断線してしまうのだが、高くないから助かっていた。が、これが廃盤に。巻き取り機構の付いた上位機種があったのだけれど、コードが布製で絡みやすく、結び目まで出来る始末。しかも、機構がダメになると全く予期せぬところでコードが巻き取られて、深夜に声を出してビックリしたりする。

次に買ったのがオーディオテクニカの最廉価機種。それでもソニーのものよりメーカー販売希望価格は高かった気がする。アマゾンで800円くらい出して買った気がする。これが最低だった。初めてイヤホンによって音質の善し悪しがあることを知った。その上、耳がちぎれそうな程痛くなった。ソニーのが耳に引っかけるイメージで作られているのに対して、オーテクのは耳に挟むイメージで作られているのだ。とにかく使えたもんじゃなかった。

その後、KOSSの耳掛けを購入。あまり良さが分からなかったが、ソニーがその曲そのままを平板で単調に鳴らすのに比べると、多少音が立体的になっているような気はする。ソニーの1.5倍は出して買ったので丁寧に使っていたのに、半年ほどでダメになってしまい、保障期間が二年あるのにまだ修理に出していない。なんか面倒くさくてずっと後回しになっている。

いま使ってるのは、やっぱりソニーのもので、前述の巻き取り機構が付いているものだ。あれから多少の進化を遂げて扱いやすくなっている。のだが、ビックリするほど線が細くて、ぶっ壊れるのも時間の問題だなと思う。ただし、装着感はやはりこれが一番良い。

あと、もっと雑に使えるものとして、パナソニックのものを持っている。これもオーテクと同様、耳に挟むタイプのイヤホンで、恐る恐る使ってみたのだが、比べものにならないほど装着感はよい。それから同じ薄型なのに、音も極めて標準的で、これも比べものにならなかった。そしてこの製品の最大の美点は、他のどの製品よりも圧倒的に安いと言うこと。なので、この製品は常に手元に置いておくことになりそう。耳掛けイヤホン自体、ほとんど供給がないわけでね。

最後に、いま気になっているのが最低最悪と三行半を突きつけたオーテクのEW9という製品。耳掛けイヤホンとしては最高級品で、1万5千円する。みんな基本的には絶賛している。うーん、値段につられてるんじゃないの? と思うが、かなり気になる。イヤホンは消耗品だからなぁ。そんなものに1.5万出して良いものか。それにオーテク製品には一度痛い目に遭っているわけだし……。Bang&Olufsen A8はすっかり諦めが付いたんで、これももう少し時間をおけば諦めが付くだろうか。

まずその前にKOSSのを修理に出さないとなぁ。書き終えてから気付いたけれど、全く同じような話を私は何度もしている。「KOSS の検索結果 - 京都鴨川藝術大学