読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

M-1 2016見たで。

あぁ、今年もやるのか、それが今日なのか、というくらい。審査員に松ちゃんが帰ってきたのが嬉しかったな。話す相手がいないから感想を書きたい。

M-1のファイナリストは概ね、正統派・とんがり系・優等生型の3つに分類できて、正統派のうち特に「ハマった」コンビが優勝する、というのが基本パターンだと思う。正統派というのは、スタンダードでかつ勢いがあって会場を沸かせる。とんがり系は、変化球コンビでクセがあり好みが分かれる。優等生型は、形式的には正統派だから減点しにくいけれど、突き抜けた笑いがない。会場の笑い声が重なる(前の笑いどころの笑いが、次のポイントの笑いに追いついてしまう)ということがない(だから優等生型というのは、所詮結果論なのだが)。それでまぁ、私は去年こんなことを言っているんだけれど、今年の決勝は見事にこの三組になった。

1組目、アキナは関西スタンダードのお手本のよう。漫才師として余裕で食っていける。正統派寄りの優等生型。上戸彩の前で子供とか離婚の話をするハートの強さが羨ましい。

2組目、カミナリは明らかにとんがり系。私はよく分からなかった。

3組目、相席スタートもとんがり系。でも上手だったと思う。下ネタで落としてたが。

4組目、銀シャリは明らかに正統派。でも決勝は優等生型に堕ちていたと思う。

5組目、スリムクラブはとんがり系の極右。苦手。

6組目、ハライチもとんがり系。去年よりは、ね、という感じ。

7組目、スーパーマラドーナも関西スタンダード。ギリギリ正統派か。予選のネタを松本人志が「しんどい」と言ったが、テレビの前で私も同じことを言っていた。「つまらない」とか「ここが面白くない」っていうんじゃないんだよね。この「しんどい」という感覚。決勝のネタの勢いを見ていると、この人たちが獲るかなとも思ったのだが。

8組目、さらば青春の光は今大会の典型的優等生型。どんな面白い展開になるのか、と思わせておいて、あまり弾けず。話を串団子状に連ねると優等生型に陥りやすい、というのがよく分かる。

9組目、和牛は関西スタンダード。超理屈っぽい男というボケで話を引っ張るパターンから、それを全体の一要素に落とし込んで構成をガラリと変えていた。ツッコミの出番が増えていたけれど、あまり好みではなかった。多分、正統派。

それで、審査員たちがどうするどうする、と悩みまくっていたが、そりゃそうだろうなぁという感じ。銀シャリが予選と同じ笑いを決勝でも披露していたら全会一致で彼らに決まっていただろうが、そうじゃなかったからみんな悩んでいたんだろう。銀シャリは正統派をキープできなかったし、スーパーマラドーナはさっきまで優等生型を思わせたし、和牛は「多分正統派」を維持していたし。

結局のところは、銀シャリが優勝という筋書きが透けて見えてしまい、その通りになった。まぁ、誰がなっても良かったでしょう。来年もこの大会があって彼らが出場するなら、どっちかが王者になるんじゃないですか? 個人的には準決勝敗退のかまいたちが好きです。