京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

恥ずかしくないのかな

別に共産主義者というわけじゃないんだけど、金持ちって一体何? と思う。世の中の富のトータルは変わらないわけでね、平均以上を持つ奴がいるってことは、平均以下がいるっていうことでしょう。

よくアメリカの映画スターなんかが、恵まれない国のどこそこに寄付金をどうのこうの、と言っているが、エラいなぁと思う反面アホらしいなぁと。みんなから取ったものをまたみんなに分けているだけでしょ。ちょっと違うけど。

要するにさ、もともと誰のものでもない、みんなのものなのに、たかだか金を持っていると言うだけでどうして自分のものみたいな顔が出来るんだろう、ということ。所有権とか言い出したらもちろんその人のものだし、それを否定しだしたら本当に社会主義とか共産主義の話になってしまうのは分かっている。ただ、そういうことが言いたいのではなくて。

だから、品のない金持ちは、それが恥ずかしくないのかな、ってことよ。例えば、行きつけの店にその人専用ルームがあるとか、ワンちゃんに人間様以上の飯を食わせたり洋服を着せたりする、みたいなの。趣味は人それぞれだし、金の使い道はその人の自由だけど、私はゲスだと思うね。金持ちの白人様が貧乏な黒人を奴隷として使っていたでしょ。そういう品性の下劣さと通じていると思うんですよ。

何かのセミナーで、私は○○をして成功したから、お前らもこういう風に考えて、こういう風に行動して成功して、金持ちになったらこんなことが出来るぞ、って言ってる奴らも、私の中では同じ。トータルの量が変わらない以上、頑張ったら頑張っただけ取り分が増える、というのはどうなんだろうな。

そのトータルの量を増やすことの出来る人だけが、人より多くの富を持つことを許されて良いんじゃないかな、と思うわけです。