読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

これまで見た演劇(備忘録)

映画や舞台のチケットをきちんと残している。私が一人で映画館に行き始めたのは2009年からで、舞台を見に行き始めたのは2010年から。小さい頃連れて行ってもらった映画のはさすがに残していないが、その代わりパンフレットが残っていたりして。『ホーホケキョ となりの山田くん』だけは買ってもらってないが。昨晩、そのチケットを日付順に並べ替えてノートに貼り付けていた。映画のチケットは100枚くらいあるかと思ったら60枚弱で、なーんだという感じ。『のぼうの城』は半券をコーヒー屋に見せてそのまま紛失してしまった。

見に行った舞台だけを、ここで一覧にしておく。完全に備忘録だ。(最終更新日 : 2017/03/05)

2010.09.24 『くちづけ』 シアタードラマシティ
2011.04.17 『国民の映画』 森ノ宮ピロティホール
2013.02.21 『五右衛門ロックⅢ』 オリックス劇場
2014.03.15 『もっと泣いてよフラッパー』 シアターBRAVA!
2014.03.22 『クザリアーナの翼』 梅田芸術劇場メインホール
2014.09.17 『ミス・サイゴンフェスティバルホール
2014.09.20 『ヒストリーボーイズ』 森ノ宮ピロティホール
2014.12.06 『ファーストデート』 サンケイホールブリーゼ
2015.04.04 『エッグ』 シアターBRAVA!
2015.09.05 『ピピン東急シアターオーブ
2015.10.31 『大逆走』 森ノ宮ピロティホール
2016.03.24 『逆鱗』 シアターBRAVA!
2016.08.13 『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』 森ノ宮ピロティホール
2016.11.04 『キンキーブーツ(来日版)』 オリックス劇場
2016.12.08 『キネマと恋人』 シアタードラマシティ
2017.02.18 『足跡姫東京芸術劇場プレイハウ
2017.03.05 『陥没森ノ宮ピロティホール

個人的な好みをいえば、『キネマと恋人』が演劇ではぶっちぎりでトップ。この感動を思うと、好きな方だけれど、同・作演出の『陥没』は凡作。『エッグ』は戯曲の構成が天才的でinteresting、だけどfunnyではない。『くちづけ』は陳腐だけれど思い出深い一品。『フラッパー』は古くさいけど嫌いではなかった。『逆鱗』で野田秀樹はもうお腹いっぱい。好きなのはここまで。

ワーストは『大逆走』がぶっちぎりで、未だに金返してほしいと思っている。『国民の映画』『ヒストリーボーイズ』『足跡姫』は退屈。『クザリアーナの翼』『五右衛門ロックⅢ』『ゴーゴーボーイズ』の順にしょーもない。

ミュージカルは『キンキーブーツ』が至高。『ピピン』は大好きだったけど、『キンキー』の前では霞む。『ファーストデート』は結構面白かった。『ミスサイゴン』は寝そうになった。