読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

いっちょやったるで、の精神

高校生バンドの映像とか見てると、眩しいとしか形容できないエネルギーを感じる。あぁ、これが若いということか、と思う。いっちょやったるで、という勢いに満ちている。

翻って私。もうすっかりおっさんではないか。しかし、私には若い頃なんてあったのだろうか。あったんだろうなぁ。いっちょやったるで、と思っていたんだろうな。今も、心のどこかでそう思っているのかもしれない。

でも、どこか歪んでいる。これまでのことをチャラにしてやろうとか、一発逆転してやろうとか、誰かを見返してやろうとか。いや、昔もそうだったのか。今の若い彼らだってそういう思いでやっているのかもしれない。

だったら、私だって、と思う。まだ、いっちょやったるで、を捨てきれない。こんなことを言うのはもう間違いなくおっさんだけれど、それでもまだ、と思う。本当にたまに思う。本当に極たまに、もの凄く思ったりする。そういうとき、もう少し生きようと思う。