読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

好きじゃないのか

もう、そんなことをウダウダ考えてる暇があったら、さっさと書けば良いのに、どうも集中力が無い。なんだか寂しくてついつい音楽を掛けてしまう。すると、気が紛れる代わりに集中力も散漫になる。興に乗って書き始めると、音楽は邪魔だし、切れても気付かないのだけれど、興に乗り始めるまでが長く、興に乗り始めてからが短い。また音楽を探したり、動画を見たり、養命酒ラップをやったり。挙げ句の果てにウダウダと考え始める。私って、本当にこれが好きでやってるのか? 本当に好きなら、他のことを全部忘れて、それにのめり込めるはずなんじゃないの? どうしてこんなに苦しいんだろう。いろいろ人には話さずに生きてきたのに、なんで今、こんな自分をさらけ出すような恥ずかしいことをやっているんだろう。これは一般的な産みの苦しみなんだろうか。それとも、私には向いていないと言うことなのか。いや、向いていなくてもいい。私は、好きなのかな。好きでやっているのか。それとも、他にもっと私の求める物がこの世界にあるんだろうか。私は一体何をやってるんだろう。これに意味があるのか。私に、意味はあるのか。もしかしたら作家って、そんな泥沼にはまって死を選ぶんだろうか。まぁこんなの泥沼でも何でも無いのだが。もう、こんなことをウダウダ考えてる暇があったら、さっさと書けば良いのに、どうも集中力が無い。