読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

そんなことがあるのか

風の噂で聞いたので調べてみたところ、少し前まで東映が脚本家を募集していたことを知った。非正規雇用で3年、年俸300万だって。これが良いのか悪いのか知らんが、今時こんな話があるのかと驚いた。

まぁとてもその勇気は無いが、東映の現場で仕事が勤まったら、この業界どこへ行っても通用するだろう、というくらい東映は厳しいと聞く。ヤクザ映画ばかり書いていたら風体までヤクザになってしまった笠原和夫のような、コワモテのヤクザすれすれの連中が、陰湿なイジメから露骨な暴力までフルに使って、新参者を徹底的にいびりまくる、というイメージがあって、聞くところによればそれがあながち間違いでもないような会社だ。

むかし松平健が話していたことだが、時代劇で食べるそばを、松竹はセットの隅で湯がいて持ってくるのだとか。それが東映になると平気で作り置きを出すらしい。実際にカメラが回ってからそばを箸でつまむと、麺がほぐれず塊をめんつゆに付けることになってしまうのだとか。そんなエピソードに象徴されるように、松竹は温和なスタッフが多いが、東映は……ね、血の気が多いというか元気な方が多いですよね、とマツケンは言葉を濁していた。

私なんかが行ったら一瞬でペチャンコだろうなぁ。でも、凄く面白そうだ。応募くらいしてみれば良かったかも知れないな、と思う。一応は新入社員だし、全く書けない奴が入っても……いや何ともならんか。