京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

女の子のバンドの話

世代世代で女の子のバンドって言うのがある。それこそ昔はプリプリとか? えらい古い話だ。ウチらの世代はやっぱりJUDY AND MARYだろうけど、女の子のバンドって言うとちょっと違うか。となると、チャットモンチーかな。

いまの世代はSHISHAMOか。私が働き始めた頃に配属されていた部署では、一日中FM802が流れていて、彼女たちの曲がヘビロテだった。こんなこと言っちゃ悪いけど、ボーカルの女の子はかなり個性的な顔をしている。人前に出てパフォーマンスを披露する人というのはルックスもそれなりの重要な要素でしょう? でも、不思議とそういうことが気にならない。むしろ、結構素敵に見える。若くて、エネルギーがあって、前に前に、という感じが人を輝かせるんだろう。いや、自信を持って、やりたいことをやって生きている姿が、どうしようもなく美しいのだろう。

そりゃ可愛い方が良いに決まってるけど、でも、人間、顔じゃないよと思う。本当に思う。これは私が人間として少し成熟したからなのか。しかし、社会も変わったんじゃないかな。酷い言い方をするけど、女のブスなんて鼻も引っかけられなかったでしょう? いや、不細工な男(私です)も相手にはされないんだが、男以上に女性のルックスって致命的な要素だった。でも、生き方で人を魅了できるし、人はやはりそこを見ているんだなと思う。

って、言えば言うほど彼女の悪口になってしまっている感じがするが、もう一度言っておくと、私は彼女が結構好きである。