読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『嘘の戦争』

映画・ドラマ

『嘘の戦争』 草彅剛 藤木直人 ほか

幼い頃、目の前で家族を殺された主人公・一ノ瀬。周囲の人間に真実を訴えるも、事件は父親による一家心中と処理された。それから30年後、人に信じてもらえぬなら嘘をついて生きてやると誓った少年は詐欺師になっていた。「仕事先」のタイで犯人の一人を偶然見かけた一ノ瀬は彼に近づき、かつての事件の黒幕が大企業グループの会長・二科であることを突き止める。一ノ瀬は二科を嘘で破滅させることを心に決める。

過去の因縁に決着を付ける、嘘に嘘でけりを付ける、というコンセプトは燃える。事件の全貌はかなり初期の段階で明らかになるので、秘密の開示ではなく、ストーリーを語ることに重きを置いているのが分かる。

一話につき事件の関係者を一人片付け、新たな関係者が浮上するという「読み切り」を繰り返す形。主人公は押す一方、黒幕の側が引いたり押し返したり、で全体の話も進展していく。ミスリーディングが露骨で、逆に展開が読めてしまうという矛盾したベタさがあるが、予定調和なストーリーテリングは物語の面白さに影響しないという良い例だ(cf.『映画理論講義』第3章 4項(1))。ドラマなんて所詮誰かの作り話なんだから、秘密なんか何でもありで、後からどれだけでも付け足せる。とはいえ、主人公である「天才詐欺師」のやり口は大胆というのか雑というのか、それでいて随分都合良く話が進むのは気になるところ。

サブストーリーに恋愛を足す、というのもベタだが、配合比率が上手い。山本美月のキャラがモテない男の心をくすぐるので、私もくすぐられる。彼女に嘘の全てを告白するシーンは、クライマックスに匹敵する緊張感があって、きっと脚本家は書いていて気持ちいいだろうなぁと思った。

最終回は少し物足りないというか、色んなものを有耶無耶にして押し切ったなぁという感じ。市村正親は目に見える形で破滅はしなかったけれど、早晩追い詰められるだろう。しかしそうすると、藤木直人が必死で守ろうとした会社だってたち行かなくなるのでは。そのあたりも、あまり触れずに、あるいは都合良く処理されている感じがどうも。それに、藤木直人が妻に言った「千葉なんて名前聞いたこともない」という発言は、全員での会食の際「千葉という嘘つきの男が」という発言と矛盾している。まぁ、これはそんなに難しく考えて見るドラマではないか。

ラスト、嘘だってずっとつき続ければ、一つくらい本物になるかもな、というのはまさにドラマという嘘の本質を突く台詞だった。結構楽しませてもらいました。