読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

ノックは無用

ノックの回数は3回が正式。2回ノックはトイレに入るときするもんだ。みたいな面接マニュアルがある。別に面接に限らず、礼儀とかマナーを超えた作法のようなものがたくさんあるでしょう? あれさ、本当に馬鹿馬鹿しいと思いませんか。

例えば、先のノックの話。3回が正解と信じ切っている人からすれば、2回ノックは失格だろうけど、コンコンとノックするのが普通だと思っている人からすれば、3回もコンコンコンとされたら、クドいし、なんか喧嘩腰じゃね? と思うんじゃないだろうか。

世の中には色んな作法があるけれども、それは双方がその作法に対して同じ認識をしているから初めて成立するわけでしょう。これが常識、これがマナー、これが礼儀、といって勉強熱心なのは結構だけれども、人より多くの作法を知ったところで、それは通用するのかい? 知らない奴が馬鹿だなんて言ったところで、分かって貰えないんだったら、作法の意味が無い、というより自分の方が変なことをやっている奴になってしまう。

作法なんて気持ちを表現する方法に過ぎない。しかもたくさんあるうちの一つだ。自分を伝える方法なんて他にいくらでもあるし、それで通じ合えないんだったら、それはただ縁が無かったというだけの話じゃないのか。