読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『沙粧妙子 最後の事件』

沙粧妙子 最後の事件』 浅野温子 柳葉敏郎 ほか

何故かまた観ていたんだけれど、これは日本ドラマ史上、屈指の名作である。

犯罪心理学のエキスパートである刑事・沙粧妙子が、連続猟奇殺人の捜査をする物語。捜査を進めるうち、事件の背後に、沙粧のかつての同僚であり恋人でもあった、梶浦の存在が浮かび上がる。梶浦は犯罪心理プロファイリングのプロジェクトリーダーで、犯罪者との接見を繰り返すうち、自らも犯罪の快楽に魅せられ、妙子の同僚を殺害するに至った。あれから三年、プロジェクトチームは解散し、梶浦はいまも失踪したままで――。

突っ込みどころは多いし、終盤はしっちゃかめっちゃかで、分かったような分からないようなまま話は終わる。が、見せ方が上手い。

今回とりわけ感心したのは、妙子の妹に恋人が出来て、それを紹介したいというくだり。その恋人・谷口が第一の事件の犯人なのだが、それが妹の恋人であるとは知らずに、妙子は彼を追っている。犯人の次の目的は妹だと気付いたとき、妹から妙子に電話が掛かってくる。彼が今から来るの、姉さんに話がしたいって――。嫌な予感がした妙子が、妹に彼の名前を尋ねる。妹はこう答える。「梶浦っていうの」。私たち視聴者は知ってるわけですよ、恋人が犯人で、犯人と妙子が絶妙に行き違っていることを。だから、このままじゃ妹さん明らかにヤバいですよね、という方向に頭を持って行かれている。そこにこのセリフは、効く。

しかし、このドラマの本当に凄いところはやっぱりキャスティング。浅野温子佐野史郎を筆頭に、マジでホンモノとしか思えないような人たちが勢揃いしている。香取慎吾の闇は今や顕在。柏原崇は実際に暴力沙汰で消えた。そして、塩見三省今井雅之が恋人関係であるという尋常でない説得力。

さらに、『最後の事件』と言いながら、実は単発で『帰還の挨拶』という続編があるのだけれど、そっちの犯人は草彅剛と中谷美紀だ。草彅クンのラリった芝居は、いい人を演じるなんかより、よほど天性を感じるし、中谷美紀はシンプルにエロいうえに、得も言われぬレズっぽさを醸し出していて、これまたモノホン(死語)である。

後に売れた人間ばかりが出ていて、結果的に超豪華キャスティング、とか言われているけれども、みんなホンモノなんだもん、売れて当然だ。見る目のある奴が役者を用意した、とした言い様がない。