読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

『小・中・高の計算がまるごとできる』

『小・中・高の計算がまるごとできる』 間地秀三

タイトルそのままの内容。数学をやるのに算数は必須で、算数をやるのに計算は必須だ、と常々思っており、そこを強化するために取り組んだ一冊。

小学校篇・中学校篇を1日、高校篇を1日、トータル2日で仕上げたが、これくらいの内容なら1日でも全く無理がないと思う。なんて偉そうに言ってるけど、チラホラと計算ミスをやらかしたり、小学校レベルの算数があやふやだったりして、ちょっとヒヤヒヤした。

取り上げられているものは、極めて基礎的な内容で、かつ機械的処理で済んでしまうモノばかりだから、解説はほとんどないというか、かなり割り切った説明の仕方がされている。こうやったらこういう数字が出るから、それが答えです、以上。みたいな感じ。

私のような数学音痴は、公式の意味とか成り立ちを知りたがるくせに、それを知った上でこんがらがって身動きが取れなくなっちゃうみたいなことが多々ある。本書ではそういうことは一切お構いなしで、まぁ繰り返しになるけれども、そこまでのレベルの問題がそもそも載っていない。

苟も高卒を名乗る以上は、これくらい出来なきゃいかんのだろう。忘れているモノもあったが、この私ですら理解できないモノは一つもなかった。断っておくが、自慢じゃない。こんなの出来たって、自慢にならん。それは読めば分かると思う。

復習した気になるにはピッタリの一冊だネ。

小・中・高の計算がまるごとできる

小・中・高の計算がまるごとできる