読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

テンが多すぎる

私の悪い癖で、と早速使ってしまった。読点である。文章中に使う「、」のことだ。私はこれを多用してしまう。特に使い方が決まっているわけではなく、かといって使い方が変だったり、全く使わないとなると途端に文章は読みにくくなってしまう。とりあえず自分で使う基準がしっかりしていれば、それで良いのだろうが、基準、あるのかなぁ私の場合。

例えば、

・接続詞のあとにテンを打つ。「しかし、」みたいに。

・前置きするときも打ってるね。「例えば、」とか。「私の悪い癖で、」とか。

・並列の文章構造を示すときも打ってる。上の文章だと「使い方が変だったり、全く使わないとなると」で、本当は「となると」の直後にテンを打ちたいのだけれど、テンを打ちすぎることを自戒する記事だから、わざと控えているのである。ここを本気出してテン打てば、「使い方が変だったり、全く使わない、となると、」と、かなりしつこくなる。

・上の項目を見ても、「だけれど」「だから」という、つなぎ言葉の後に打っているでしょう。「AすればB」という文だって、AとBで内容が二つあるから、こういうときは「Aすれば、B」としてしまいたくなる。

・それから、「『~~』と、言った」とか、「『~~』で、」という引用し終えたタイミングでもついテンを打つ。ここら辺は、もう、私の呼吸を整えるために打っているんだろうが。

・あと、ひらがな・カタカナ・漢字がそれぞれ続いてしまうときは容赦なくテンを打つ。

ザッと思いつくのはこれくらいか。その他は、もう私の文章を書くリズムなんだろうけど、何にしても私はかなりテンを多く打つタイプの人間だ。それで、それは何故かというと、読む人間を信頼していないからだと思う。私の意図したとおりに読ませないと気が済まない、とも言える。で、こういう文章を書く人間を私の他にも見かけるんで、そういうときは、コイツ読み手を馬鹿にしてやがる、と思う。自分もやってるくせにね。

でも、読み手を信頼できないもう一つの理由があって、それは私の文章が下手で、書いたものが人に伝わっていないのではないか、という不安感に常につきまとわれているからなのである。