京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

飲む

職場のボスとサシで飲みに行った。ちゃんとした大人の人とご飯を食べに行ったのなんて初めてだ、と思っていたが、そういえばこの間、同じバイトのお姉さんとご飯に行ったんだった。その前にも、とても大人とは言えないようなクセのある人とご飯に行ったことはあったんだけど、まぁこれはノーカウントとして。

話の内容は……言ってもいいのだろうか。端的にまとめれば、今年一年に限って転属の希望を受け付ける、そこから正社員になれるよ、という話。少し前にこの話をもらって以来、ずーっと悩み抜いているのである。

まず、席に着くやいなや、新人はどんな感じ? と尋ねられた。私は素直に、可愛いです、と答えた。私のキャラクターからは思いもしないような答えが返ってきたという様子で、ボスは驚きながら喜んで見せた。私はいまABCと3つの部署を回っていて、このボスはAのトップ。新人が配属されてきたのはBとCだ。

そこで、この間Bの女の子にときめく瞬間を提供してもらったが、Cの女の子では上手くいかなかったので、やり直しを命じようかと思った、Bは場数を踏んだ百戦錬磨系の女子で可愛いが却って信じられない、Cの方がまだ純朴な感じで、しかし私の力量不足も相俟って会話のラリーが続かない、なんてブログにも書いたエピソードを紹介した。(私も含めてだが)男子がメロメロになってるという話を、ボスは大笑いしながら聞いていたのだった。

それで、私はBには殆ど関わりが無いが、Cに接する機会は多く、そこで可愛い後輩の取り扱いに難儀している、という話をした。会話が続かないから気まずいし、彼女の緊張も解けていないようで、しかし話し掛けられるのが嫌なのかも知れないし、私だって話し掛けるのは苦手なのに、という具合。そこからボスの話がどんどん飛躍していく。まず、そういうことを観察したり考えたりするようになったのが成長であって、この一ヶ月でキミは凄い経験をしているのだよ、ということ。それを脚本じゃなくて、仕事に生かして貰えると良いんだが、と軽く伏線を張られてしまう。そして、彼女と恋仲になって結婚してどうのこうの――と男の勝手な都合でどんどんと話を進めていくボスは、さて今後、キミはこの会社でどうしていくつもりなんだ、と核心に迫ってくる。

これについてはどうしても答えが出せず、いま概ね3つの気持ちがあって悶絶している、と伝えた。まず一つ目。私は今の仕事が嫌いだ。適性にも欠けていると思う。転属すれば、現状からは脱出できる。それは悪くない話だ、と思っている。次に二つ目。とはいえ、転属先での仕事内容が、現在のものとどれだけの差があるというのか。どっちにしたって、私のやりたくない仕事じゃないか。それから三つ目。しかしながら、私の行きたい方向になど、行くと言って行けるものなのか。そもそも、箸にも棒にも引っかからず、私は今の会社に拾ってもらった経緯がある。小さな不満は沢山あるが、今の処遇について会社には感謝しかない。好き嫌いはあれど、みんな私には良くしてくれているし。それを蹴って出て行けるほど、それは確かな道なのか。まぁ、大体こういうところだ。

ボスは、なんだかんだ言って私が転属の希望を出して正社員になる道を選ぶ、と思っていて、その方向でどんどん話を進めていく。私は、ありがたさとありがた迷惑さを同時にヒシヒシと感じつつ、人生の何故こうも思い通りに行かないかと落ち込みながら、しかし上司と飲みながら人生の進み先を逡巡するなんていう自分の人生にこれまでなかったドラマ的展開に少し高揚して、苦笑いするしかなかった。