京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

怖いから綺麗

広瀬すずって可愛いんだけど、もう私みたいな冴えない男からすると、いじめられそうで、顔を見るたびに恐ろしくなる。しかし、恐ろしいが故の美しさというものはあるもので、だからこそ彼女は美しく見えるのかも知れない。

恐ろしいが故の美しさと言えば鈴木保奈美。何故か『古畑任三郎』を見ていたのだが、ドキッとする美しさだった。旅行中に出会った鈴木保奈美が長距離バスの車内で、暇つぶしに、と自身の完全犯罪を友人の話として披露し、それを古畑が推理するという回。

終盤、話が核心に触れたところで「一度犯罪を犯した人間はですね、つかなくても良い嘘をつくようになるんです」という古畑の言葉に顔色を変える。この、ただでさえ怖い女を、その中でもとりわけ怖そうな鈴木保奈美という女を怒らせてしまったという、何とも言えぬ緊張感が彼女の美しさを引き立てる。

まぁ実際どんな人かは知らんが、内面というのは概ね外見に現れるもので、広瀬も鈴木も私は近寄ることすら出来ないであろう、ということだけは確かである。