京都鴨川藝術大学

Kyoto Kamo River Imaginary University of the Arts

西日本のテッペンへ

芝居を見るついでにハルカスの展望台にも上ってきた。芝居よりこっちの方が楽しかった。

16階受付からエレベーターに乗り込む。前方がガラス張りになっていて、前を向いて乗れと誘導されるので、途中から外の景色が見えるのかと思ったのだが、そういうことではないらしい。全員乗り込んだ後に、上を見るように言われる。なるほど、電飾がちりばめられていて、光の中をくぐっていくという演出のようだ。これはあんまり迫力がなかった。エレベーターは45秒で60階に到着するらしい。

エレベーターを降りた瞬間、絶景。想像以上の高さに身体がすくんでしまう。頭がクラクラ。しばらくいると慣れる、とはいえ気を抜くとやはり恐怖感が襲ってくる。以前写真を見せてもらったことがあるが、この迫力は写真や動画では味わえない。300メートルでこれだと、スカイツリーは一体どんな風なんだろう。つぎ東京に行ったら絶対上りたい。

アホな私は、梅田スカイビル空中庭園みたいなのを想像していたのだが、当然展望台は屋内。料金追加のヘリポートツアーに参加すれば良かったのかも知れないけど、あっさり断念。地上にいる今、参加しなかったことを後悔している。なんとも無責任な話。

割高な喫茶店でミルクティーを買って、西日本のテッペンを堪能した。これもきっと割高なんだろうけど、焼肉してる人とか結構いて、楽しそうだった。

降りしなにトイレに寄ると、ここもガラス張りで絶景が広がっている。用を足すときはその絶景に背を向けているのだが、正面のガラスに後ろの景色が全部映っていて、こんなもん緊張してオシッコ出えへんやないか。

年間パスがあったら仕事帰りに毎日無理矢理寄って帰っても良いな、というくらい気に入ってしまった。ん? 年間パスはあるのか。うん、まぁでも仕事帰りはやっぱりキツいし、また次の機会にしようと思う。